地域密着の児童発達支援事業所をお探しなら

埼玉で作業療法を行う療育ポータルスタジオCoreMore(コレモア)の名称は、「核心を追求する姿勢を持ちながら、より良い支援と環境を創出しよう」との想いを込めて名付けました。
地域に密着した身近な場所で、専門家に出会える環境を創出すること、必要に応じた専門的な支援が充分に受けられること、お子様にとってより良い支援と環境がどのようなものかを常に追求する姿勢を持ち続けることを、児童発達支援事業所の目的・理念としています。発達支援や学習支援をご検討の方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

作業療法

小児発達分野で経験を積んだ作業療法士が実施します。

作業療法士 OT(Ocupational Therapist)とは何か?
人が生活する上で、関わる全ての活動を『作業』と呼んでいます。
お絵かきやはさみで切る事も「作業」ですし、外遊びや楽器を鳴らすこと、食事をしたりお風呂に入る事も「作業」です。
作業療法士は、こうした「作業」を通じて、「健康と幸福な生活の推進にかかわるリハビリテーションの専門職」(WFOT2014より抜粋)です。
作業療法士このような『作業』を駆使しながら、
【基本的動作能力】
   運動や感覚・知覚、心肺や精神・認知などの心身機能
【応用的動作能力】
   お食事やお着替え、トイレ動作など、日常で必要となる能力
【社会的適応能力】
   地域活動への参加、保育園・幼稚園・小学校への適応能力
以上のような、能力が発達するように関わります。

言語療法

小児発達分野で経験を積んだ言語聴覚士による言語療法を実施します。

言語聴覚士による専門的な評価・相談・支援を致します。他者や外界への気付きから言語や言語以外の理解や表出手段を促し、コミュニケーションに必要な機能と能力の発達を促進します。

運動療育

スタッフが個別で関わりながら、運動の発達や定着を狙ったプログラムです。

作業療法士による運動評価と課題設定に基づいて、個別的で焦点化されたプログラムを設定します。なるべく頻度を高くご利用いただき、繰り返し練習の中で発達の促進や運動の日常的な定着を目指すプログラムです。

あーと療育

海外でも活躍しているアーティストと共に

身近にある様々な素材や専門的アートな素材を駆使しながら、様々な感覚運動経験を提供していきます。お子様一人ひとりの子どもらしさや個性を惹きだせる様にお子様の得意なことを活かしたり、少し苦手なことも療育的な配慮や支援を取り入れながら、アートな作品を創り出していきます。
作品を作るプロセスにおいては、お子様を中心にしてご家族様も多職種に渡るスタッフも皆で作品を紡ぎあげています。完成する作品は、他にはない唯一無二の経験や記憶と共に仕上がっていくことでしょう。

音楽療法

音楽をつかったプログラム

音楽をつかったプログラムをご用意しております。

ご利用の流れ

勉強についていけない…
なぜついていけないのかもわからない…
友達と上手く遊べない…
名前を呼んでも振り向かない…
落ち着きがなく集中して遊べない…

さまざまなお悩みをお持ちのご家族を支援いたします。
どんな些細なことでも、まずはお問い合わせください。
療育ポータルスタジオCoreMore(コレモア)はご家族の不安に寄り添います。

STEP1 お問い合わせ

どんな些細なことでもお問い合わせください。
ご家族の不安に寄り添います。

矢印

STEP2 ご相談

療育ポータルスタジオCoreMore(コレモア)にお越しください。
お子さまもご一緒ですと、なお良いです。
もちろんご家族の方だけでも大丈夫です。

矢印

STEP3 見学

「うちの子に合うかな?」「どんなことをするのかな?」「うまくやれるかな?」などの不安を解消するため、一度教室をご見学ください。

プレイルームや個室などのお部屋の見学や専門遊具のご紹介を致します。

また、実施可能なプログラムに関してもご説明をさせていただきます。

矢印

STEP4 受給者申請

市区町村への通所受給者証の申請がまだお済でない方は、お手続きの段取りをわかりやすくお伝えいたします。

矢印

STEP5 ご利用開始

最初は不安を感じられるかも知れませんが、すぐにスタッフと打ち解けられますのでご安心ください。

埼玉のCore More(コレモア)の作業療法・言語療法のプログラムについて

核心的な支援を目指して、小児発達の専門家や保育士などが、個別の発達支援を大切にして療育を行っています。小児のリハビリテーションや発達支援で有効性が示されている「作業療法」では、姿勢運動や手先の扱い方などの発達を促し、自分の体や動き方について気付いていく機会を提供することや、生活に必要な動作獲得すること、学習の基礎となる能力を身に着けることなどに取り組みます。
言葉や聴覚の専門家である言語聴覚士が行う言語療法は、他者や外の世界への気付きを促し、言語や言語以外の理解・表出の手段をはじめ、コミュニケーションに必要な機能と能力の発達を促していくプログラムです。お子様一人ひとりに合わせた支援を目指すために個別の発達・学習支援を中心にして、必要に応じて小集団を利用した支援も取り入れています。集団支援は、個別支援の合同活動という位置づけから始めて行きます。

作業療法についてのご相談は埼玉の療育ポータルスタジオCoreMore(コレモア)へ

小児発達の専門家が運営する児童発達支援事業所として、作業療法をはじめ、言語療法・運動療育など専門的なプログラムを用意しています。発達支援や学習支援を必要とするお子様が、お住まいの身近な地域で作業療法や言語療法などの専門的な支援を充分に受けることが難しいという事実を受けて、児童発達支援事業所の開設を決意いたしました。
障がいのあるお子様とご家族にとって頼りがいのある場所となれるように、より核心的で的を射た支援を行う環境を創出していけるようにと願い、地域に密着しながらスタッフ一同日々精進しています。お子様の発達に関する心配事や生活の中での困り事がありましたら、専門スタッフが丁寧にお話を伺いますので、どうぞお気軽にご相談ください。

埼玉で作業療法などの児童発達支援を提供するスタッフを募集しています

発達障がい・身体障がい・知的障がい・重症心身障がいの未就学児を対象とした、地域密着型の児童発達支援事業所です。大きな特長は、言語聴覚士や保育士などの小児発達における専門職が中心となって運営している点です。開設のきっかけは、学習支援・発達支援を必要とするお子様が、近隣エリアにお住まいの地域で専門的な療育を充分に受けにくい現状があることを受けて、お子様とご家族が身近に頼れる場所を作らなくてはならないと考えたことです。
スタッフ全員が「お子様にとって、より良い支援と環境がどのようなものか」を、常に追求する姿勢を持ち続けて日々精進しています。随時、個別相談と見学会を実施しておりますので、ご興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせください。また、療育ポータルスタジオCoreMore(コレモア)では一緒に働いてくれるスタッフを募集しております。